Zebra Medical Vision – 新CEOを迎え北米での事業拡大を目指す

AIによる放射線画像解析の製品開発で業界をリードするイスラエルの企業Zebra Medical Vision(過去記事)は、北米での事業拡大のためOhad Arazi氏を新しいCEOに迎えることを発表した。

医療機器関連メディアMassDeviceによると、Ohad Arazi氏は放射線医学と医療ITのバックグラウンドを持つ。米医薬品卸の最大手一角であるマッケソン社のMcKesson Technology Solutionsや、米ヘルスケアシステム開発のChange Healthcare、カナダの医療IT関連Telus Healthを職歴として経ている。

今回の新CEO就任は、Zebraの共同設立者Eyal Guraの後任となる。米国の医療ITに強みをもつArazi氏によって、同社は北米での大幅なシェア拡大とさらなるAI技術の革新を目指している。

前の記事TransEnterix社 – 手術ロボットへAIシステム追加申請しカメラ自動追従を可能に
次の記事NVIDIA – IVA Summit in Osaka
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。