Zebra Medical Vision 画像から緊急疾患を識別・警告するAIシステムを開発

Photo by iStock

イスラエルのヘルステックZebra Medical Visionは、既存の医療画像システムに導入することで、気胸や脳出血といった緊急疾患の見逃しを抑制するAIシステムを開発した。画像上に緊急疾患の存在が確認された際、放射線部門や救急部門に警告することで早急な対応を促す機能も併せ持つ。

Health Data Managementの報道によると、このAIシステムは、オンプレミス型・クラウド型のどちらでも導入が可能で、既に撮影済みの画像に対しても解析を加えることができるという。米Einstein Medical Center放射線診断科のTerence Matalon医師は「実際の臨床研究においても、同社のシステムは診断の効率化と、放射線科医の正診率向上に高い潜在能力を示した」とし、その有用性に大きな信頼を示している。

Zebra Medical Visionは、AIを利用した医療画像解析技術に定評があり、TechCrunchは過去に、同社がNVIDIA等から30万ドル超える資金を調達していることを報じている。ヒューマンエラーによる緊急疾患見逃しを防ぐことは、AIの利用価値が高い状況の1つで、今後各国への同種技術の普及も進むだろう。

前の記事Amazon ハーバード大学病院とAI技術で提携へ
次の記事米マウント・シナイ医科大学 神経変性疾患を識別するAIシステムを開発
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。