独バイヤスドルフのスキンケア製品開発 – Insilico Medicineの次世代AIを活用

ドイツのハンブルクを拠点とするスキンケア多国籍企業Beiersdorf AG(バイヤスドルフ)は、日本では花王が製造販売している制汗剤8×4やスキンクリームNIVEAブランドの開発元として知られている。スキンケアが医療AIの最前線として議論される機会は決して多くはなかったが、同社は香港拠点のAI創薬スタートアップInsilico Medicineと提携し革新的な製品開発を推進しようとしている。

DIGITAL JOURNALでは、バイヤスドルフとInsilico Medicineが開始した新規AIプロジェクトについて報じている。スキンケア製品開発における新しい分子化合物が皮膚疾患に対して有効かつ安全であるか速やかに特定するため、Insilico Medicineによる最新研究成果の協力を得た。ベースとしているその研究は、2019年に学術誌Nature Biotechnologyに公開された「ディープラーニングによるDDR1キナーゼ阻害剤の迅速な特定」である(過去記事参照)。皮膚線維化疾患などに対する薬剤有効性をAIで迅速に特定するという概念実証研究を新規プロジェクトで応用し、バイヤスドルフがスキンケア製品に利用する有効成分の生物学的効果を効率的にシミュレートするという。

バイヤスドルフの研究開発担当上級副社長May Shana’a博士は「AI創薬の専門家であるInsilico Medicineとの協力を歓迎しています。新しい有効成分の迅速かつ効率的な評価を行うことで、消費者のまだ満たされていないスキンケアに対するニーズに応えることができるでしょう」と語っている。

前の記事2019-2023統計 – 医療AIマーケットのCAGRは28%の高水準
次の記事欧州最大のヘルスケアプロバイダー、Subtle Medicalと提携 – 高速PET/CTの導入へ
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。