新型コロナウイルスに早期警告を発したAI – カナダ発スタートアップ BlueDot

photo by iStock

中国の武漢から感染が拡大した新型コロナウイルスに対して、WHOは先週、国際的な緊急事態を宣言した。各国が事態の沈静化に協働するなか、AIは今回のような公衆衛生の危機にどのように立ち向かうことができるのだろうか?

Forbesでは、その一例としてカナダ発のスタートアップBlueDotのAIを紹介している。米国疾病予防管理センター(CDC)がコロナウイルスに対する独自の警告を発したのが1月6日。それに先んじること1週間前の12月31日に、BlueDotのAIプラットフォームによる最初の警告が発せられていたことで話題となった。BlueDotはトロント大学の感染症科の医師で公衆衛生部門の教授であるKamran Khanらによって開発された。彼はかつてSARSが流行した際に最前線で医療に従事した経緯をもつ。BlueDotのAIプログラムは、世界の航空ネットワークなどの膨大なデータを処理して国際的な感染症アウトブレイクに警告を発することができるという。

Kamran Khanは「BlueDotでは自然言語処理と機械学習の利用で、65言語の膨大なテキストデータを処理し、24時間体制で15分ごとに100以上の疾病の発生を追跡しています。この作業を人力で行うことに時間とエネルギーを費やすのではなく、医療専門家らが実際の対応方法に集中することを可能にしたいのです」と語っている。

前の記事AIによる創薬初の臨床試験開始
次の記事入院患者の転倒を防ぐAIモニタリングシステム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。