アイリス – AIによる新規インフルエンザ検査法を日本から

Photo by iStock

日本発のAI医療機器開発で存在感を示すベンチャーがある。アイリス株式会社(Aillis Inc.)はインフルエンザ感染で咽頭に発生するインフルエンザ濾胞について、視診で見分ける臨床医の診断技術をAI画像解析で可能とした。鼻腔から綿棒で検体採取する迅速検査キットとは別に、簡便で正確な早期検査法として医療機器認証を目指す。

香港の日刊紙South China Morning Postでも、AillisとそのCEOで医師の沖山翔さんを紹介している。創業者である彼の経歴とビジョン、日本で販売が承認されているAIベースの医療機器がごくわずかである現状、臨床試験を開始して近く承認を目指す同社の日本における先行性にも言及している。

新型コロナウイルスの話題が続く中、米国で今シーズンのインフルエンザによる死者が1万人超を記録したニュースが驚きをもたらした。感染症との戦いは様々な形で続くであろうが、インフルエンザへの対抗策はもともと日本では関心が高かった得意分野のひとつと言える。日本政府も医療分野におけるAI開発を重点項目としているが、アイリスのように有為な日本発ベンチャーが今後も国内外問わず注目されていくことを期待したい。

前の記事心臓MRIの解析から重篤な転帰を予測するAI
次の記事東大発ベンチャーLPIXEL – 胸部X線画像解析AIで医療機器製造販売承認を申請
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。