中国 Infervision – 新型コロナウイルス肺炎のAI画像診断機能を追加

中国武漢を震源とする新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の流行は、前線の画像診断部門にも多大なプレッシャーをかけている。肺炎患者の選別のためCTが撮影されると、診断結果の読影待ちのため更なる待ち時間が患者に生じ、待機場所で留められることでの二次感染も危惧される。診断速度の改善のため、中国発のAIスタートアップInfervisionは自社のソフトウェアに新型肺炎の診断機能を追加した。

放射線医学関連メディアImaging Technology Newsからのリリースによると、Infervisionが新しく追加した機能は「Coronavirus artificial intelligence solution」と呼ばれる。新型肺炎の最前線での診断用に調整され、肺炎部位を特定し診断プロセスの短縮と負担軽減を図る。武漢の華中科技大学同済医学院附属同済医院など流行の中心地に導入済みという。

限られた医療資源を支援するのは、感染流行の前からInfervisionが掲げていた理念と一致する。流行と戦う臨床医および各国の取り組みをサポートすることに全力を尽くし「最も基礎的なニーズに応えるため、最先端のテクノロジーを用いる」と同社は表明している。Infervisionの概要と日本支社インタビューについてはThe Medical AI Times内の過去記事も参照いただきたい。

前の記事UAE – AIによる自動メディカルチェックを実用化
次の記事コロナウイルスは中国の大衆監視を加速させる触媒となるか?
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。