Todos Medical – 末梢血から固形腫瘍の存在をスクリーニングするAI技術

イスラエルを本拠とするTodos Medicalはこのほど、申請中であった固形腫瘍スクリーニングの診断技術に関し、欧州特許庁(EPO)から認可通知を受け取ったことを公表した。同社は今後数週間のうちに、正式に本件での特許が発行されるとしている。

Todos Medicalの公表によると、同社のTotal Biochemical Infrared Analysis(TBIA)プラットフォームでは、末梢血単核細胞の解析を通して固形腫瘍の存在を特定することができるという。特許が付与されるのは、AIアルゴリズムによりIRスペクトルから複数種の固形腫瘍を識別するため、フーリエ変換赤外分光法を用いる手法とされる。

Todos Medical CEOのGerald Commissiong氏は「今回の特許技術は低コストな悪性腫瘍診断に繋がるもので、今後広範なスクリーニングツールとして利用される可能性がある」と述べ、技術の有用性を強調する。

前の記事遠隔患者モニタリング: RPMの普及に不足しているものとは?
次の記事心不全の再入院を予測するウェアラブルAIセンサー
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。