睡眠障害をAIで評価する時代へ

Photo by iStock

アメリカ睡眠協会(American Sleep Association)によると、アメリカ人の5000-7000万人が不眠症・睡眠時無呼吸・ナルコレプシー・概日リズム障害を含む睡眠障害を保有するとの報告がある。睡眠障害は仕事の生産性や生活の質の低下、死亡率の増加と関連する。最も包括的な検査手段「睡眠ポリソムノグラフィ検査」は検査プロセスが被験者と技術者双方にとって負担が強く、合理化が期待されてきた。近年、その膨大な検査データをAIで分析する手法の有効性に注目が集まる。

HealthITAnalyticsでは、Journal of Clinical Sleep Medicineに発表された「機械学習アルゴリズムによる睡眠ポリソムノグラフィの解析研究に対する声明」を紹介している。研究成果には、睡眠障害の正確な診断・治療予後予測・疾患分類・スコアリングの精度向上・治療の最適化と個別化の可能性を含む。同声明はAmerican Academy of Sleep Medicine(AASM)によって発表された。

研究チームは、AIが睡眠医学の実臨床に統合される前に研究の透明性を開示する重要性を指摘している。筆頭著者であるミシガン大学のCathy Goldstein博士は「研究により睡眠検査室のプロセスは合理化され、ケアの時間を節約できます。患者に利益をもたらすAIソフトウェアの安全で効果的な使用促進を業界間で連携したいと考えています」と語る。

前の記事Qure.ai – 1600万ドルを調達
次の記事急性か慢性か? – 腰痛のタイプをAIが判定
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。