潰瘍性大腸炎の内視鏡評価で生検を不要にするAI – 東京医科歯科大学

大腸の粘膜が原因不明の炎症を起こす指定難病のひとつ潰瘍性大腸炎では、病気の活動と寛解を内視鏡で評価する。その内視鏡観察の際に、粘膜組織を侵襲的に採取・生検する必要性から一定のリスクが避けられないという課題があった。東京医科歯科大学のグループは、AIシステムによって生検を行わず内視鏡画像から潰瘍性大腸炎の寛解期を特定する研究を学術誌Gastroenterologyに発表した。

医療ニュースメディアMedical Dialoguesでは同研究のディープニューラルネットワークシステムが紹介されている。40,758枚の大腸内視鏡画像および6,885件の生検結果からアルゴリズムは構築された。その後875名の潰瘍性大腸炎患者で行われた前向き研究でアルゴリズムの精度は検証され、内視鏡観察上の寛解を90.1%の精度、生検に相当する組織学的な寛解を92.9%の精度で特定できたという。

東京医科歯科大学のアルゴリズムは、内視鏡専門医と同等のレベルを達成していると考えられている。この成果によって、観察者によってばらつく診断精度を補助し、生検の侵襲によるリスクとコストを回避できる可能性が期待される。同研究はソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの協力を受けており、内視鏡画像検査領域を得意分野とする日本の医療機器産業の本領発揮ともいえるだろう。

前の記事AIが「がん細胞における人種差」を明らかに
次の記事米SymphonyAI Group – TeraReconを傘下に
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。