Intelligent Health Inspired! – 世界最大の医療AIオンラインサミット

5月25-27日に、医療AI領域では世界最大となるオンラインサミットIntelligent Health Inspired!が開催される。世界各国から2万人を超える専門家を一堂に会し、医療AI、特にCOVID-19対策にフォーカスした多数のセッションが企画されている。

公式HP上では5月20日現在、既にチケットは完売だが、一部参加制限のあるゲストパスがまだ入手可能となっている。また「Clinician Pass」が設定されており、医療関係者は無料での登録と参加が可能とのこと。企業・アカデミア・国際機関などを問わず、世界の名だたる組織から幅広く演者を集めており、価値ある講演に触れる貴重な機会となるはずだ。

前の記事画像検査室での感染防止へ – COVID-19患者の画像スキャンを警告するAI技術
次の記事ディープラーニングで睡眠の謎に迫る
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。