スマートヘルメットで発熱者監視 – 中国 KC Wearable社

COVID-19の流行下では多くの体温測定装置が市場に出回った。迅速に多人数の発熱スクリーニングを行うひとつの形として、ヘルメット型の発熱者監視装置(参照画像)が好評を得ている。

製品を提供する中国 KC Wearable社のニュースリリースによると、スマートヘルメット KC N901は警察・空港・病院など様々なシチュエーションで監視員が装着し、ヘッドセットに搭載された赤外線カメラからリアルタイムで周囲の人の体温を測定するもの。約2メートルの距離から誤差0.3℃以内の精度で同時に最大13人、1分間に200人の体温スキャンが可能という。

スマートヘルメットには顔認識やナンバープレート認識を活用できるAIも搭載されており、データベースとの照合も可能である。付属のスマートウォッチからヘルメットのすべての機能を操作する。中国・イタリア・オランダ・ドバイで運用されており、直近では南アフリカでの導入も報告された。感染の流行を制御する第一歩として、非接触型の高パフォーマンス体温測定装置に対する大きな需要は今後も続くと考えられる。

前の記事生物医学分野における3Dプリンティングのトレンド
次の記事COVID-19に有効な治療方法を学術論文データベースからマイニング
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。