韓国の国産医療AI「Dr.Answer」が初の海外輸出でサウジアラビアへ

Photo by iStock

韓国政府・医療機関・IT企業が産官学一体で開発に取り組む医療AIソフトウェアがある。2018年から488億ウォン(約4000万ドル)が投資されてきた医療AI「Dr.Answer」は心疾患・がん・脳疾患から8つの病気を対象として、予防・診断・治療・予後予測を行うAIソフトウェアを統合して提供する。(ソウル峨山病院 Young-Hak Kim博士のHIMSS Asia Pacific 2019での発表を参照)

韓国の日刊紙 The Korea Heraldが19日に報じたところによると、韓国政府は「Dr.Answer」のサウジアラビアへの輸出に合意した。同ソフトウェアが国外に試験投入される初めてのケースとなり、6つのサウジアラビア国営病院での臨床試験を受け、現地で使用するために機械学習アルゴリズムの調整が計画されているという。

韓国国内では、Dr.Answerの試験運用を行っていた26の病院が来年前半から実臨床利用を開始する予定である。さらに11の病院での試験開始も発表されている。ちなみにDr.Answerの開発に協力する韓国企業のひとつでAI画像診断を手掛けるVUNO社は、エムスリーと提携し、胸部CT診断支援システムに関して日本国内への販売計画を発表するなど国際的に注目度が高まっている(過去記事)。

前の記事医療保険支払い予測AIで医療費を削減 – Alpha Health社のDeep Claim
次の記事医学教育へのVR活用 – 台湾成功大学の事例
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。