ニューヨーク大学とFacebook – AIで加速されたMRIスキャンについての研究成果

Photo by iStock

米ニューヨーク大学とFacebookのAI研究者の共同研究として行われてきた、MRIスキャンを高速化するプロジェクト「fastMRI」について以前にも紹介した(過去記事)。同研究の検証結果がAmerican Journal of Roentgenologyに発表されている。

ニューヨーク大学ランゴーン医療センターのニュースリリースでは同研究について紹介している。fastMRIでは、膝のMRI画像について訓練されたAIモデルによって、従来のMRIスキャンに比べてデータ量が4分の1で済み、画像化が迅速となった。108名の患者で標準撮影と高速撮影を比較したところ、放射線科医6名の間で検証した所見の不一致は4%以下であった。バイアスを制限するため2群間の読影は盲検で少なくとも1ヶ月以上の間隔をおいている。また6名の読影医全員から、再構成された高速撮影画像の方が高品質であるとの判断がなされた。

研究グループは、AIが再構成した画像が標準的なMRI画像と本質的に見分けがつかず、診断精度について互換性が示されたと主張する。執筆責任者のMichael P. Recht氏は「AIで加速されたMRIスキャンの臨床利用に向けた重要なステップとなります。撮影に際する患者の体験は改善され、画像生成法にエキサイティングなパラダイムシフトがもたらされます」と語った。他の研究者によるfastMRIのデータとコードの利用を促進するため、プロジェクトはオープンソースとされている。

前の記事Care Angel – 音声対応のバーチャル看護アシスタント
次の記事カリフォルニア大学サンフランシスコ校 – スマートフォンカメラによる糖尿病スクリーニング
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。