カリフォルニア大学サンフランシスコ校 – スマートフォンカメラによる糖尿病スクリーニング

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究グループは、スマートフォンの内蔵カメラを利用して2型糖尿病を検出する「デジタルバイオマーカー」を開発した。世界で4億5千万人以上に影響を与える糖尿病において、早期発見を狙った疾患スクリーニングは欠かせず、この裾野を広げる画期的技術として研究成果は多大な注目を集めている。

今週、権威ある学術誌 Nature Medicineにて公表されたチームのレター論文によると、iPhoneでAzumioのInstant Heart Rateアプリを使用し、53,870人の患者コホートからデータを取得したという。注目したのは近年モバイルデバイスでも取得が容易となったフォトプレチスモグラフィ(PPG)で、iPhoneが備えるライトとカメラを用いて、各心拍に対応する指先の色の変化をキャプチャしPPGを測定する。

研究チームは、このPPGが糖尿病による血管損傷を反映していると仮定し、PPGから糖尿病の存在を識別するAIアルゴリズムを構築したところ、82%の正確度を示すとともに、アルゴリズムで糖尿病が否定された患者の92-97%が実際に疾患を患っていなかったとのこと。また、このアルゴリズムに年齢や性別、BMI、人種/民族などの変数を追加することで、パフォーマンスはさらに向上することも確認された。

著者らは、疾患スクリーニングや治療モニタリングなど、実際の臨床応用に際しての有効性を正しく評価するため、追加研究の実施を広く促している。失明や腎不全、心血管疾患、脳血管疾患など深刻な疾患群の引き金ともなる糖尿病は、2045年までに7億人近くが罹患することも推算され、手軽で安価なスクリーニング手法は強く待ち望まれてきた。

前の記事ニューヨーク大学とFacebook – AIで加速されたMRIスキャンについての研究成果
次の記事脳卒中発症後における受診の遅れを予測する機械学習アルゴリズム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。