米国はAI開発で中国を「控えめに」リードするがそのギャップは縮小

米中両国は国策としてのAI開発推進を強力に展開し、巨大な資金力を背景として他国を大幅にリードする。現時点で「米国は中国に対してわずかな優位性を持つものの、その差は明らかに小さくなっている」との、米シンクタンクによる調査結果が明らかにされた。

South China Morning Postが26日報じたところによると、米カリフォルニア州サンタモニカに本部を持つランド研究所の最新の調査報告では、1. 中国の膨大な人口に伴う圧倒的なデータ量 2. 優れたAI研究の基盤となる強力な半導体産業 3. 大規模な政府の投資 などから中国はAI開発の主導権を握るに近い立場になりつつあることが示されたという。

中国は3年前、「2030年までに自国のAI産業を170兆円規模の世界トップ水準とする」という野心的な国家戦略を明らかにしている。中国では法制度や報道規制など、イノベーションを促すのに必要な一般環境に関して米国に遅れを取ってきたが、近年、AIスタートアップ設立数や同分野における特許数、コアジャーナルでの論文数などが急増するなど、専門人材の育成に成功していることも産業の成長を後押ししている。

前の記事COVID-19による死亡リスクを推定する深層学習アルゴリズム
次の記事フェンタニルを識別する機械学習手法 – セントラルフロリダ大学
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。