Micirosoftとの提携でUAEに展開されるCOVID-19対応AIチャットボット

Photo by iStock

Microsoftが取り組むヘルスケアAIチャットボットについて以前に紹介した(過去記事)。アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ拠点の国民健康保険会社Damanは、マイクロソフトとの協業で「COVID-19パンデミック関連で国民からの問い合わせに対応するAIチャットボット」を全国規模で展開する。

UAEのメディアZAWYAに掲載のプレスリリースによると、Daman Health BotというAI搭載チャットボットは、患者との会話でCOVID-19に関するトリアージ・症状チェック・医療情報を一連の質問とプロトコルに従って提供する。内容に応じてアブダビ保健省・UAE保健予防省・ドバイ保健局に接続し、さらなる支援を受けられるようアドバイスを行う。ツールは同社のウェブサイトやモバイルアプリケーションから利用が可能である。

DamanのCEOであるHamad Al Mehyas氏は「Microsoftをパートナーとして提供されるDaman Health Botは、過剰な受診を抑制し、コールセンターの負担を軽減し、患者の利便性向上と積極的な健康管理を促進させます」と語った。UAEのアブダビではDamanが健康保険市場をほぼ独占しており、大規模に展開される会話型AIチャットボットがCOVID-19対応に効果を発揮できるか注目されている。

前の記事Intelligent Health 2020 – 世界をリードする医療AIオンラインサミット
次の記事Theator – 外科領域のインテリジェントプラットフォームをイスラエルに展開
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。