Theator – 外科領域のインテリジェントプラットフォームをイスラエルに展開

米カリフォルニア州サンマテオに本拠を置くTheatorは、Tel Aviv Sourasky医療センターとの提携を公表し、同社が誇る外科インテリジェントプラットフォームのイスラエルへの導入を明らかとした。Tel Aviv Sourasky医療センターはイスラエル最大の急性期病院であり、年間180万人の受診を受け入れるとともに、技術の積極利用による効率化・質的向上を図る先進性でも広く知られる。

Theatorがこのほど明らかにしたところによると、導入が予定されるのはアマゾンウェブサービス(AWS)上で実行される「外科パフォーマンスの向上を目的としたインテリジェントプラットフォーム」で、同社の高度なAIとコンピュータビジョンテクノロジーにより外科教育をメトリック指向として合理化するものであるという。プラットフォーム上では、一連の外科手技をキャプチャし、定量的な評価を加えた上で注釈として術者に示すことができる。また、術前準備や術後分析・報告にも重要な役割を果たすこととなり、外科治療全体の可視化と客観的レビューによる持続的な外科パフォーマンス向上に資することが期待される。

Tel Aviv Sourasky医療センター・I-Medata AIセンターの責任者であるAhuva Weiss-Meilik氏は「Theatorとのこのプロジェクトは、卓越した医療の推進と、患者ケアの強化を目指した継続的な取り組みの例だ」とし、AIを中心とした先進技術の取り込みを今後も意欲的に行う姿勢を明らかにする。イスラエルの病院が外科領域のインテリジェントプラットフォームを実装するのはこれが初めてとなり、先導的立場を取る同院の成果によっては、国内他病院での導入が今後加速することも予想されている。

前の記事Micirosoftとの提携でUAEに展開されるCOVID-19対応AIチャットボット
次の記事Biofourmis – ソフトバンクビジョンファンド2などから1億ドルの資金調達
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。