嚢胞性線維症で花開く機械学習研究

Photo by iStock

嚢胞性線維症(cystic fibrosis: CF)は、生後間もない時期から粘膜の機能障害で肺炎や気管支炎を繰り返す。遺伝性の希少疾患で、日本でも出生約60万人に1人の指定難病とされている。根本的な治療は困難で、繰り返した炎症から肺組織が破壊され、いずれ呼吸不全に至る。

ケンブリッジ大学のニュースリリースでは、「機械学習ベースでCFの臨床経過を予測する」最新研究を6つ紹介している。英国のCF患者ほぼ全員が登録されているデータベースには、遺伝子型・呼吸機能・感染症の経緯などが蓄積され、機械学習手法を探究するための豊富な土壌がある。2019年に生まれた英国CF患者で49歳を超えて生存できる可能性は約半数、という厳しい現状に対し、機械学習によって得られる予測は、患者の日々の管理と負担を軽減し、期待余命を延ばす可能性をもつ。

急速に進歩してきた世界クラスの機械学習アプローチは、従来の課題を克服し実用に耐えうる臨床応用が期待される。CFという疾患は「治療が困難な慢性疾患」として最適な研究対象の一例となる。そこで開発された手法は既にアルツハイマー病・心血管疾患・一部のがんに応用されており、大きな潜在能力を秘めていると、同分野の研究者らは考察している。

前の記事ヘルステックとしてAIが最も影響力を持つ2020-21年
次の記事マサチューセッツ総合病院 – COVID-19患者の予後を予測する機械学習ツール
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。