無料オンラインツールでCOVID-19患者の重症化を予測 – 米カリフォルニア大学アーバイン校

COVID-19患者による病床不足が各地で問題となる中で、どの患者が人工呼吸器やICUでの治療を必要とするか予測するAIが様々な形で発表されている。そのひとつとして、米カリフォルニア大学アーバイン校(UCI:University of California, Irvine)の研究者らが開発した、どの医療機関でもオンラインで無償利用可能な「COVID-19患者における72時間以内の重症化予測AIツール」が公開されている(URLリンク)。

UCIのニュースリリースでは、同ツールを紹介している。ツールの検証研究は査読つきオープンアクセスジャーナル PLOS ONEに公開された。モデルはCOVID-19患者の重症化について約95%の識別精度(C統計量0.940以上)を示している。同研究では主にアジア系アメリカ人・ラテン系・白人という人種的背景が混在しているが、さらに異なる患者背景でも機能するか、バリデーションは米アトランタのエモリー大学の患者40名でテストされた。

実際に無料公開されたツールを利用すると、年齢・性別・基礎疾患の数・BMI・呼吸数・各種検査値など、13項目の入力のみで結果が得られる非常に簡便で使いやすいものであった。なお、一部の判明している項目の入力のみでも結果が出力できる。(研究デザインでは、全項目がそろった患者はトレーニングデータで30/87名、残りの患者はひとつ以上の項目が欠損、半数以上にあたる7項目以上が欠損した患者は研究から除外されている。)算出されるスコアは「人工呼吸器またはICU治療が必要となる確率」で、結果の解釈を助けるため陽性的中率(PPV)と陰性的中率(NPV)が参考として付記される。このようなツールが医療崩壊回避の助けとなるか、研究の発展と普及に期待したい。

前の記事AIとメンタルヘルス – がん患者におけるうつ病リスクの自動評価
次の記事米Heru社 – AI搭載の眼科検査クラウドアプリをヘッドマウントディスプレイで運用
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。