医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例疾患予防へのAI活用事例AIとメンタルヘルス - がん患者におけるうつ病リスクの自動評価

AIとメンタルヘルス – がん患者におけるうつ病リスクの自動評価

新型コロナウイルスのパンデミックを受け、がん患者の50.7%が不安症状を呈し、46.8%がうつ病に罹患している事実も報告されている(参照論文)。そういったなか、米テキサス州に所在するがん治療専門病院「Center for Cancer and Blood Disorders」では、がん患者におけるメンタルヘルス管理にAIを積極利用する試みが始まっている。

採用されたAIシステムは臨床AIのプロバイダーであるJvionによるもの。Jvionは、職業や収入、年齢、食事摂取状況など社会経済的因子に基づく「コロナ脆弱性マップ」の公開でも昨今大きな注目を集めた。今回Center for Cancer and Blood Disordersに導入されたAIシステムでは、この社会経済的因子に臨床因子を加え、6ヶ月以内の患者リスクを層別化(医療機関受診/うつ病発症/要内服治療/死亡、など)するものであるという。Health IT Analyticsの取材に対し、同センターのRay Page氏は「我々の機関には、リスクの高い患者をレビューして特定するケースワーカーがいる。彼らによる介入が順調であるかを確認し、より良い転機を得るためにもAIが有効に活用できる」としている。

国・地域を問わず1日数十人を診察することが一般的である臨床医にとって、1患者あたりの短い診察時間内に、疼痛や嘔気などの明確な臨床症状「以外」を適切に把握することは容易ではない。各患者が背景として持つ社会経済的因子を含む種々のリスクを自動評価し、ハイリスク者をハイライトするAIシステムは、医療の質的改善を直接促すものとしての期待が大きい。

関連記事:「Jvion – COVID-19からの職場復帰評価にAIを活用

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事