Denta Mitra – 歯科モバイルアプリを展開するインドのスタートアップ

Set of metal Dentist's medical equipment tools

インドでは農村部を中心として歯科衛生に多くの問題を抱えている。その原因としては、口腔衛生に対する知識の欠如、適切なスクリーニング機会の不足、歯科診療のインフラ不足が挙げられる。インドのベンガルール拠点のスタートアップ「Denta Mitra」はいつでもどこでも歯科サービスを受けられるモバイルアプリをインド国内で開始した。

南アジア地域のメディアANIではDenta Mitraのサービスについて報じている。アプリには歯科往診の手配・24時間365日のオンラインビデオ相談・歯科疾患を検出するAIベースのモバイル診断ツール・甘味の消費量測定・口腔衛生のリマインド・電子処方箋といった機能を盛り込む。歯科往診サービスは現在デリーとパンジャーブ州で提供している。

Denta Mitraは2020年7月のアプリ登録以来、事業拡大を目的とした資金調達の最中である。モバイルの歯科サービスは大幅なコスト減のみならず、若い歯科医にとって治療成績の向上とキャリア形成の助けになると、同社では目論んでいる。歯科のインフラ不足に比し、インド国内でのスマホ普及率は高くモバイル技術に対するニーズが強い。他方、日本国内においてはCOVID-19に関連した時限的特例で歯科のオンライン診療が算定されており、今後モバイル展開の歯科への需要がどう変化するか注目したい。

前の記事The Medical AI Times 編集部が選ぶ – 2020年 注目記事 Top 10
次の記事診断AI市場は2027年までに660億ドル規模へ
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。