診断AI市場は2027年までに660億ドル規模へ

医学的診断におけるAIの市場規模は2019年の36億ドルから、2027年までに660億ドル規模と拡大することが予測されている。これは年平均成長率(CAGR)では44%と急速で、市場の成長は主として「疾患の特定と診断におけるAI活用機会の増加」および「ヘルスケアAI企業への投資増加」に起因するもの。

Research and Marketsによる最新レポートによると、現在同市場において最大シェアを保持するのは医用画像ツールである一方、2027年までに最高のCAGRを記録するのは疾患自動検出システムになるという。また領域別では腫瘍学分野がリードする現シェアに対して、同期間のCAGRとしては放射線科分野が最高となる見込み。さらに、現在遠隔受診・相談サービスを柱とする遠隔診療領域では、リモートモニタリングが最大の成長を記録するとしている。

医療AIは麻酔薬や抗生剤に並ぶ技術革新と評する向きも強まるなか、専門人材の不足や関連法規制の未成熟が市場の成長を妨げる主要な要因とみられている。米中の国策としての強力なAI戦略が推し進められる一方、英国は国立の医療AI研究所設立やテック企業との積極的な連携を進め、これを追随している。日本は次の10年この領域で何をなし、どういう立場を得られるだろうか。

前の記事Denta Mitra – 歯科モバイルアプリを展開するインドのスタートアップ
次の記事浮遊粒子状物質と腎機能の関連 – 中国250万人の分析結果より
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。