医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究浮遊粒子状物質と腎機能の関連 - 中国250万人の分析結果より

浮遊粒子状物質と腎機能の関連 – 中国250万人の分析結果より

浮遊粒子状物質(SPM)は粒径10μm以下の粒子の総称であり、代表的な大気汚染物質のひとつとして取り扱われている。SPMによる健康被害が特に強く危惧される中国において、「SPMと腎機能の関連」を250万人の若年成人を対象に調査した研究成果がこのほど明らかにされた。

Environment International誌から先週オンライン公開された研究論文によると、北京大学の研究チームは中国の全国出生コホートを利用し、慢性疾患を持たない18-45歳までの約250万人のデータを用いて調査を行ったという。腎機能の指標にはeGFRを設定し、SPMへの年間曝露量については衛星リモートセンシング情報からの機械学習モデルによる推定を行った。eGFRとSPMの関連を一般化加法混合モデルによって評価したところ、種々の交絡因子を調整した後においても、SPMへの曝露増加が若年成人における腎機能低下と関連することを明らかにした。

本研究成果ではまた、男性と比して女性の方がこの関連性が強固であることも示唆しており、交互作用項は統計学的にも有意であった。研究結果は早急な政策的介入の必要性を支持するものであるとともに、本研究手法は他人種における評価へと容易に拡張できるものであることから、あらゆる国・地域での追試も進められることを期待したい。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事