AI研究がマラリア対策の時計の針を進めるか – インド工科大学ボンベイ校

マラリア原虫が蚊によって媒介される感染症「マラリア」は、近年、世界で年間の症例数2億人以上、年間の死亡者は40万人以上を記録し続けていた。その原因・予防・治療が確立されてきた現代でも、いまだ致死的な感染症として広大な影響力を維持し、世界的な対策の進展は止まっていた。なかでもインドは総人口の85%がマラリア危険地帯(いわゆるマラリア・ベルト)に居住しており、世界最大のマラリア好発国として疾患が人々に与える負荷は極めて強い。

インド工科大学(IIT)ボンベイ校のリリースによると、同校の研究グループによる新研究が「マラリア患者の血中タンパク質を機械学習モデルで解析し、マラリア原虫の種の識別・デング熱との鑑別・バイオマーカーによる重症度分類の可能性」を示したという。同研究はNatureの姉妹学術誌Communications Biologyに収載された。マラリアの原因として筆頭に挙がる2種の原虫(Plasmodium vivaxおよびPlasmodium falciparum)の鑑別や、未確立である予後予測のバイオマーカー探究で、マラリア好発地域における医療の質の向上が期待される。

研究成果で得られたタンパク質の同定結果から、マラリア重症症例を検出し、デング熱と鑑別する迅速診断キットの開発が着手されている。血液標本の顕微鏡観察からマラリア原虫を確認する古典的な診断法は流行期における医療の負担が大きく、従来の迅速診断キットでは感度や特異度が課題とされていた。AIによる手法が、近年足踏みし続けていたマラリア対策進展の鍵となるだろうか。

前の記事外傷性脳損傷後のPTSD発症を予測する脳バイオマーカー
次の記事口腔がんリスク予測のためのAI利用
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。