統合失調症患者の1親等以内の発症リスクを予測する機械学習モデル

統合失調症は、妄想・幻覚・思考障害といった多彩な症状を示す精神疾患であり、全人口の約1%という有病率は世界的に共通する。カナダのアルバータ大学を中心とした研究チームが「脳スキャンfMRIから統合失調症を87%の精度で診断する機械学習アルゴリズム」を構築したことは以前に紹介した(過去記事)。

アルバータ大学の26日付ニュースリリースでは、同グループが統合失調症患者の1親等以内で最大19%といわれる有意な発症リスクの差に着目し、「家族性の高リスク群での統合失調症発症初期を予測する機械学習ツール」として研究内容を発展させ、学術誌npj schizophreniaに収載された研究を紹介している。EMPaSchiz(Ensemble algorithm with Multiple Parcellations for Schizophrenia prediction)と名付けられている同ツールは、統合失調症患者の1親等以内の親族で、かつ統合失調症ではないと診断されている57名を対象とし、統合失調症の診断手法のひとつ「Schizotypal Personality Questionnaire」のスコアが最も高い上位14名を、画像解析から同定することができた。

このことは、統合失調症における臨床診断の完全な基準を満たしていない場合でも、発症に対する脆弱性を早期に予測できる機械学習診断モデルの可能性を示している。グループは研究の次のステップとして、家族性の高リスク群以外でもツールの精度を確認し、そこで評価された個人が後に統合失調症を発症するか追跡するという前向き研究へ進むことを想定している。

前の記事Infermedica – 注目を集めるAIトリアージシステムとそのビジネスモデル
次の記事Vuno – 4つのAIソリューションを台湾に展開
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。