Vuno – 4つのAIソリューションを台湾に展開

韓国を本拠として医療AIソフトウェア開発を手がけるVunoは今週、同社の誇る4つのAIソリューションについて、台湾での大規模展開を始める計画を明らかにした。現地ヘルスケアプロバイダーであるCHC Healthcare Groupとの提携によって、Vunoのソリューションは台湾の50を超える病院群へ同グループによる独占的供給が行われる。

Korea Biomedical Reviewが26日報じたところによると、今回供給が開始されるのはVUNO Med-BoneAge、VUNO Med-Chest X-Ray、VUNO Med-Fundus AI、VUNO Med-LungCT AIの4つであるという。CHC Healthcare Groupは台湾で圧倒的なシェアを誇るヘルスケアプロバイダーで、1977年の設立以降、医療機器の製造・販売にも積極的に取り組むとともに、アジア太平洋地域における数多くの医療機関を運営する大規模グループとなっている。

CHC Healthcare GroupのPeter Tien Ying Lee副会長は「世界をリードする医療ソリューションを持つVunoの製品を台湾に導入できることを嬉しく思う」と述べ、Vunoの事業がアジア太平洋地域に拡大することに期待することを声明で明らかにしている。

Vunoに関する過去記事は以下の通り。

1. 韓国Vuno – 5つの医療AIソフトウェアでCEマーク認証を取得

2. 韓国Vunoとエムスリー – 日本国内での胸部CT診断支援AIの販売へ

前の記事統合失調症患者の1親等以内の発症リスクを予測する機械学習モデル
次の記事ロケーションベースのCOVID-19曝露リスクを算出するAIアプリ
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。