てんかん発作は脳波データ「以外」から検出できるか?

てんかん発作はニューロンの過剰な放電に基づく、「脳の電気的嵐」によって引き起こされる痙攣発作で、日本においても100万人近い患者の存在が指摘される。その発生機序から脳波データに基づく識別が主要な診断アプローチであったが、米ダートマス大学の研究チームは「脳波データ以外からてんかん発作を検出する手法」を探索している。

Computers in Biology and Medicineにオンライン公開されているチームの研究論文によると、脳以外の時系列データからてんかん発作を検出する手法を導くため、15名の患者から網羅的な客観データの収集を行っている。取得されたのは標準的な脳波記録のほか、心電図や皮膚電気活動、筋電図、加速度計、音声記録などで、線形判別分析(LDA)を用いた解析によって発作データを非発作データから分離できる可能性を検討した。結果ではAUC 0.9682と高精度な識別を実現しており、発作の検出に最も大きく寄与する非脳因子は患者ごとに異なる事実も明らかにした。

研究チームは、種々のセンサー導入によるマルチモーダルアプローチが、感度・特異度を保った上での発作検出に有用であると結論付けている。また、「てんかん発作の識別に寄与する各センサーと機能を定量評価する手段を示すもの」としても本研究の重要性を強調している。

前の記事長寿医療におけるAI
次の記事聴性脳幹反応を自動分類する機械学習手法
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。