The AI Podcast – Qure.aiが描くヘルスケアの未来

NVIDIAはAIをテーマとした音声配信、「The AI Podcast」を2016年から展開している。関連領域で先端研究を行う研究者や業界をリードする経営者・起業家など、多様なバックグラウンドを持つゲストスピーカーの「声」には、The Medical AI Timesの読者も大きな刺激を受けられることと思う。ぜひお勧めしたい。

このThe AI Podcastに18日登場したゲストスピーカーが、2016年にインド・ムンバイを拠点として設立された医療AIスタートアップ・Qure.aiのPooja Rao氏だ。Rao氏は医師・データサイエンティスト・起業家として、Qure.aiの創設メンバーの1人にあたる。現在は同社の研究開発責任者を務め、医用画像解析AIの開発を率いている。

このエピソードでは、Qure.aiの画像解析AIがこのほどFDAの承認を取得したこと、またこの技術が「特に医療専門職が不足するエリアにおいて結核診断に資する技術」としてWHOから公式の認証を受けていること、限られたリソースからAIを構築するために「最高品質でない画像」からの学習システムを構築していること、グローバルツールとするために多集団データによるトレーニングを行っている点などに言及している。

本エピソードを通して、Qure.aiの思想と共に、彼らが描くヘルスケアの未来を感じ取ることができるだろう。

前の記事Caption Health – AIガイド超音波診断の「FDA承認エビデンス論文」をJAMA Cardiologyに発表
次の記事COVID-19迅速抗原検査をAIで識別 – Laipac Technology社「LooK SPOT」
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。