医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例Caption Health - AIガイド超音波診断の「FDA承認エビデンス論文」をJAMA Cardiologyに発表

Caption Health – AIガイド超音波診断の「FDA承認エビデンス論文」をJAMA Cardiologyに発表

Caption Healthは、心臓超音波検査への習熟が無い者でも「診断利用可能な高水準のエコー検査結果」を得られるAIガイドシステムを提供しており、本メディアでも度々取り扱ってきた(過去記事2020/07/17)。特に2020年2月の米FDA承認は、同種のソフトウェアで初めての認可取得として業界をリードしている(過去記事2020/02/10)。

Caption Healthの18日付プレスリリースでは、その2020年2月におけるFDA承認の根拠となった研究成果が学術誌 JAMA Cardiologyに発表されたことを伝えている。研究では超音波検査の経験がない8名の看護師が、それぞれ30名の患者(総数240件)でAIガイド下の心エコー検査を行った。その結果、「左室容積と機能」「右室容積と機能」「心嚢液貯留の有無」において、それぞれ98.8%・92.5%・98.8%という割合で診断に値する質のエコー検査結果が得られた。また、経験豊富な心臓超音波の診断技師によるスキャン結果との比較では、92.5%以上の一致が確認された。

Caption Healthは「ヘルスケアと高品質な医療画像へのアクセスを民主化する」使命を掲げ、医療従事者へのトレーニングは最小限としながら、患者へのタイムリーな診断・治療機会の拡充を目指している。COVID-19によって検査機会による感染リスクが注目されており、同社システムのように「人と場所を選ばない検査手法」へのニーズはこれからも続くとみられている。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事