グリオーマ患者へのAIベース言語マッピング

神経膠腫(グリオーマ)は神経膠細胞から発生する悪性脳腫瘍で、浸潤性発育を特徴とする。腫瘍細胞が浸み広がるこの浸潤性発育により、グリオーマはしばしば機能的再構成を誘発するが、言語影響の仔細には未知の部分が多かった。中国科学技術大学(USTC)などの研究チームは、病変トポグラフィーデータからの言語マッピングに取り組んでいる。

Brain Imaging and Behaviorから22日公開されたチームの研究論文によると、左脳言語ネットワーク領域のグリオーマ137症例(うち81例は低悪性度、56例は高悪性度)に対し、術前トポグラフィーから機械学習手法による病変言語マッピング分析を行ったという。背側と腹側、両方の言語経路に影響を与える左後部中側頭回に位置する腫瘍では、自発的発話と命名に欠損が確認された。また、低悪性度グリオーマでは有意な結果は認められていないという。

研究チームはこれらの発見について、グリオーマ患者における「脳と行動の関係を調節するマクロ構造の可塑性メカニズム」がグリオーマのグレードに依存することを示唆するとして、研究成果の重要性を強調している。

前の記事Google – ミネソタ州の新拠点でメイヨークリニックとの連携を強化
次の記事握力低下に苦しむ人々を手助けするAIグローブ
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。