PROFID – AIで心臓突然死リスクと植込み型除細動器の適応を検証

心臓突然死は欧州で全死亡の約20%を占め、今なお公衆衛生上の課題となっている。心臓突然死を防ぐ手段のひとつとして、植込み型除細動器(ICD: implantable cardioverter defibrillator)が装着される。従来基準によると、心筋梗塞後の患者で「左室駆出率(EF)35%以下」にICD植込みが推奨されている。しかし、実際にICDで救命できている患者は少数で、EFが35%より高く維持された患者でも心臓突然死の発生が問題となるため、心臓突然死リスクとICD適応を予測する新たなアプローチが待望されていた。

4月23~25日に欧州不整脈学会(EHRA: European Heart Rhythm Association)の2021年次総会が開催され、同学会のプレスリリースでは、ICD適応患者をAI利用で適切に選択するプロジェクト「PROFID」の概要発表を伝えている。PROFIDでは、心筋梗塞患者数十万人を対象とした合計23のデータベースにAI手法を組み合わせ、心臓突然死の個別リスクを示す予測モデルを作成している。そして3,900名以上の患者が参加する2つの臨床試験で新時代のICD治療戦略が検証される。「PROFID-Reduced」では、EF35%以下だが低リスクと予測された患者で、ICD装着/非装着が無作為割り付けされる。「PROFID-Preserved」では、EF35%以上だが高リスクと予測された患者でICD装着/非装着が振り分けられる。

主任研究員のNikolaos Dagres氏は「プロジェクトの目標は、ICD治療の意志決定方法を変え、必要な人にはICDを与え、不要な人にはICDを与えないようにすることです。倫理面・患者視点・医療経済への影響の検証もこの試験と並行します」と述べている。

前の記事大腸がん免疫染色から分子標的薬の効果を予測するAI研究
次の記事メイヨークリニックとNASAの協調 – 臨床データから因果関係を明らかにするAIプラットフォーム
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。