医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究小細胞肺がんの化学療法反応性をCTスキャンから予測

小細胞肺がんの化学療法反応性をCTスキャンから予測

肺がんの種類を大きく二分する「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」において、AI研究は多数派の非小細胞肺がんに焦点が当たっている場合が多い。肺がん全体の約13%を占める小細胞がんは、より進行が速く転移しやすい傾向にあり、治療成績を改善するためにAI研究の拡充が期待されている。

米ケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究チームで開発中の「治療の恩恵を受ける肺がん患者をCTスキャンから予測するAIモデル」について以前に紹介した(過去記事参照)。同チームは「小細胞肺がんにおける化学療法への反応と全生存率を予測するAIモデル」へと研究を進展させている。

本研究成果はFrontiers in Oncology誌に発表された。研究チームは、CTスキャンから化学療法に反応する小細胞肺がん患者の画像パターンを特定するAIモデルを構築し、その長期的な転帰との関連性についても調べた。小細胞肺がんの化学療法でスタンダードとされているプラチナ(白金)製剤ベースの治療に良く反応する患者では、腫瘍とその周辺領域における「テクスチャパターン」が異なることを本研究では明らかにしている。さらにAIモデルは、化学療法が効かず生存率が低い患者のスキャン画像にみられる「不均一性」についても示した。

小細胞肺がんでは、今後も化学療法が全身治療の骨幹となる状況が続くと考えられ、研究チームでは研究成果の価値を強調する。臨床的に有効な予測バイオマーカー確立のため、得られた成果を土台として、前向きの臨床試験が引き続き行われていく。

関連記事:

  1. がん免疫療法で恩恵を受ける患者をAIが予測 – 肺がんのテクスチャ変化をとらえるモデル
  2. 病理AIで非小細胞肺がんのネオアジュバント療法を評価
  3. 肺がん免疫療法への治療反応性を予測するAIモデル
  4. がん免疫療法の弊害を受ける患者をAIで予見できるか?

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事