医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究心不全スクリーニングの「AIスマート聴診器」 - 英NHSでの検証が進む

心不全スクリーニングの「AIスマート聴診器」 – 英NHSでの検証が進む

米メイヨークリニックの事例をはじめとし、心電図検査へのAI活用をこれまでにも紹介してきた(過去記事)。心電図のように、費用対効果が高く身近な検査手法によって診断・スクリーニングする、いわゆる「ポイントオブケア検査」は近年特に注目が集まる。英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者らによる、「心電図を取得可能な『スマート聴診器』によって心不全を識別するAIアルゴリズム研究」が、NHSにおける検証としては初めて完了し、The Lancet Digital Healthにその成果が発表された。

同論文によると、研究で用いられたスマート聴診器「Eko DUO」は単リード心電図を取得することが可能で、聴診部位1ヶ所につき15秒間の心電図記録を行ったという。1,000人以上のNHS患者を対象とし、Eko DUOで収集したデータに基づき、「左心室駆出率(LVEF)が40%以下に低下した心不全患者」をスクリーニングするAIアルゴリズムの性能を検証している。結果として、AUROC 0.91、感度92%、特異度80%という識別精度を明らかにした。

心不全は英国人口の2%が罹患し、NHS予算の4%を占めるとされる。今回の成果は、GP(一般開業医)レベルにおいてより早期に、より費用対効果の高い心不全スクリーニングが実現可能であることを示唆する。インペリアル・カレッジ・ロンドンのリリースによると、NHS全体での採用を前提とし、さらなるエビデンス構築のため、都市部/農村部のGP診療所で得られるメリットを検証する追加研究を予定する。

関連記事:

  1. 米メイヨークリニックのAI拡張心電図
  2. 左右の心不全を心電図から識別するAI研究
  3. β遮断薬治療に反応する心不全患者を特定するAI研究
  4. AliveCor社「KardiaMobile」- AI利用スマホ対応モバイル心電図が異常検出の適応拡大
  5. メイヨークリニック – AIと患者データを結ぶ新規プラットフォームを発表

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、現在は米マサチューセッツ総合病院研究員、ハーバードメディカルスクール・インストラクター。他に、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事