医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例Pearl社「Second Opinion」 - 歯科X線画像診断支援AIが米FDA認可取得

Pearl社「Second Opinion」 – 歯科X線画像診断支援AIが米FDA認可取得

歯科領域においても標準治療の確立に資するAI活用が始まっている。歯科診断用AIシステムを開発しているスタートアップに「Pearl社」がある。同社のリアルタイム歯科病変検出AIシステム「Second Opinion」は、歯科X線画像からう蝕(虫歯)・歯槽膿瘍などを検出し、歯科医の画像診断を支援する。

Pearl社は8日付で、Second Opinionが米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けたことを発表した。同製品は既に世界各国(欧州CEマーク・カナダ・UAE・豪州・ニュージーランド)の医療機器認証を受け、FDAの有効性要件を上回る4つの臨床試験をクリアした。それぞれの試験で2,000枚以上の歯科X線画像データセットと、86名の歯科医師および歯科放射線技師からなる読影グループを対象として、Second Opinionの支援を受けた読影者の優位性が示された。その結果においては、AI支援の読影者は、支援なしと比べて36%多くの病変を正確に検出できたという。

Pearl社の共同設立者でCTOのCambron Carter氏は「がん病変検出を支援するような最先端のアルゴリズムが、より頻度の高い歯科疾患検出にも適用できるようになり、歯科の標準治療がレベルアップしようとしている」と語る。同社の知見をまとめた各種ホワイトペーパーについてもダウンロードの上で参照いただきたい。

関連記事:

  1. 歯を失う人を歯科検診なしでスクリーニングできるか?
  2. 歯科領域へのAI利用 – インプラント周囲炎治療後の転帰を予測
  3. 唾液タンパク質データベースが個別化医療を変革する
  4. 睡眠時の歯ぎしりを解析するAI研究
  5. 2021年最新「世界の有望AIスタートアップ Top 100」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事