医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究腸内細菌叢から「非アルコール性脂肪性肝疾患発症」を予測

腸内細菌叢から「非アルコール性脂肪性肝疾患発症」を予測

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、アルコール摂取を原因とせず、肝細胞へ脂肪細胞が蓄積する慢性肝疾患である。世界人口の最大25%が罹患しているとの試算もあり、発見されないまま肝障害・肝がん・肝不全に至るケースもあることから、先進国で最も一般的な肝疾患の1つとして警戒されている。ドイツの研究機関Leibniz-HKIのチームは「腸内細菌叢からNAFLD発症を予測する機械学習モデル」を開発している。

Science Translational Medicineから公表された同チームの研究では、追跡開始時点でNAFLDではなかった被験者を4年後に再検査し、NAFLDを発症していた90名と発症していない90名とを比較・検証している。4年前と直近の便および血清サンプルから、メタゲノム・メタボローム解析を行い、そこから微生物学的な14種の特徴量を統合した機械学習モデルを構築した。同モデルは、4年後のNAFLD発症をAUROC 0.72-0.80といった分類性能を示し、従来の血清・生化学的パラメーターからNAFLD発症を予測するモデルのAUROC 0.58-0.60と比較し、有意に優れた予測力を達成している。

研究グループを率いるGianni Panagiotou氏は「ヒトの腸内細菌叢がNAFLD発症に関与していることが証明されつつあることに基づき、我々は健常な人の腸内細菌叢から将来のNAFLD発症を予測できるかを調べたいと考えた。血液から簡便に測定できる情報と腸内細菌叢のデータを組み合わせることで、予測の信頼性が十分に高まった。データの複雑さゆえにモデルの開発に3年以上を有したが、最終的には有効な予測ツールが得られている」と述べた

関連記事:

  1. 関節リウマチへのAI研究 – 腸内細菌叢から治療法を変革
  2. 炎症性腸疾患の分類を糞便のみで行うAI研究
  3. Seed Health – 便を評価するAI企業「auggi」を買収

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事