AIに対する放射線技師の理解度調査

英国では放射線技師の一部(reporting radiographer)が、一般業務として画像読影レポートを作成しており、その業務をAIがサポートする動きが広がっている。しかし同時に、それらエンドユーザーにおける「AIへの理解が不十分である可能性」も指摘されている。北アイルランド・アルスター大学の研究チームは「画像読影を行う放射線技師を対象とした、AIの仕組みに関する理解度」を調査している。

調査結果は、英国画像腫瘍学会(UKIO)の2022年次総会で発表され、あわせてRadiographyに収載されている。調査対象となった86名の放射線技師のうち、53名(62%)は「AIシステムがどのように判断に至っているかの理解に自信がある」と回答した。しかし、「患者・介護者・他の医療従事者にAIの決定を自信を持って説明できる」と回答したのは、3分の1以下の25名(29.1%)に留まった。また自身のレポートがAIから肯定された場合に自信が高まるのは49名(57%)、AIから同意が得られなかった場合は60名(70%)がセカンドオピニオンを求める、という調査結果であった。

回答した放射線技師は、AIシステムがどのように決定に至ったかの理解には自信を持っているが、そのプロセスを患者やスタッフに説明することには苦手意識がある。研究チームはこの事実を、「自信が能力と一致していないことを示している」と考察し、ユーザー教育とシステムの透明性向上が今後も必要となることを強調する。

関連記事:

  1. 英NHS – 医療者のAI利用をサポートする新報告書
  2. AIアシスタントを医療者はいつから信用できるのか?
  3. RSNA 2021 – 放射線科におけるAI導入の現状と課題

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事