AIで加齢に伴う疾患の治療薬など開発

Photo by iStock

最先端のAI創薬を行っていることで有名なIn Silico Medicine社は、「Artificial intelligence for aging and longevity research: Recent advances and perspectives(加齢や寿命の研究におけるAI:近年の発展と展望)」というタイトルの論文を発表した。この論文では、近年のAIによる加齢・寿命に関する研究をまとめた上で、将来どのように研究を進めていくべきかを論じている。

EurekAlert!によると、加齢や寿命に関する研究は、近年多くの企業が取り組んでおり、研究が急速に加速している分野でもあるという。In silico Medicine社もその中の一つで、自社のAIシステムを効率的に使い、加齢に伴う疾患の治療薬などの開発を目指している。今回の論文では、まず最初に近年行われた同分野の研究で革新的なものなどを紹介し、加齢・寿命に関する研究をいかにしてAIの深層学習を用いて行えるかという議論をしている。また、後半にはこれから加齢性疾患の治療をどのように行っていくべきかという内容が述べられており、ここでもAIの深層学習に触れられている。

News Medicalによると、研究者でもありIn Silico MedicineのCEOでもあるAlex Zhavoronkov氏は、In Silico Medicine社は人間の寿命を伸ばすための研究をしていると述べた上で、見方を変えれば加齢は一種の病気のようなものであり、治療薬で少しでも防ぐことは可能であるという見解を示した。