ケンブリッジコンサルタンツ 高性能の医療画像を生成できるAI開発

Photo by iStock

ケンブリッジコンサルタンツが、より鮮明な医療画像の生成に応用できるAI技術を開発した。歪みが大きく荒い画像であっても、GANと呼ばれる機械学習モデルを利用して学習することによって、高精度の画像生成が可能になった。

薬学ニュースサイトPharmaphorumによると、ケンブリッジ・コンサルタンツがより鮮明な画像を生成するためのAI技術を開発したようだ。この技術はDeepRayと呼ばれており、ディープラーニングによって、荒く歪みの大きな画像をより鮮明な画像に再構成することができる。この技術は、医療画像の生成にも応用でき、人間が確認するよりも高精度で疾患を見つけることができると期待されている。

ITメディアVenturebeatによると、DeepRayでは、現実世界の一場面や対象がどのように見えるかを、GANと呼ばれる機械学習のモデルを利用して学習している。この方法によって、これまでに一度も見たことのない歪んだ画像が提示されても、歪みの背後にある「真の」シーンをリアルタイムで判断することができる。