協和発酵キリン 最先端のAI研究を行うInveniAI社と共同で創薬研究

Photo by iStock

AIや機械学習について最先端の研究を行うInveniAI社は、日本でバイオテクノロジーを中心に創薬を行う協和発酵キリンと共同研究を行うことを発表した。この共同研究は、協和発酵キリンの技術を生かした上で、InveniAI社のAIシステムを創薬研究に使用することが目的だという。

InveniAI社は、主にデータ処理を行うAIシステムであるAlphaMeldを持っている。InveniAI社のサイトによると、AlphaMeldは1度に大量の情報を処理し、分析できるシステムだという。また、このAIシステムは創薬以外にも病院の医療データやマーケティングなど様々な分野に応用することが可能で、データの中から特異性のある情報や、新たな発見につながるような情報を検出することなどが可能である。今回の研究では、協和発酵キリンのバイオテクノロジーの技術を生かしてこのAIシステムを駆使し、さらに短時間・低コストで有用な医薬品の開発を目指すという。

AP通信によると、InveniAI社のCEOであるKrishnan Nandabalan氏は、協和発酵キリンと共同研究ができて光栄だと述べた上で、AIで薬品と病気の関係を解明して創薬の流れを機械化することで、新薬の開発をよりスムーズに行えるようにしたいと述べたという。一方、協和発酵キリンの副社長である佐藤光男氏は、AIの導入によって創薬のスピードが上がるだけでなく、研究に必要な資金も大幅に削減できるだろうと期待を示している。