Google 電子カルテから将来の疾患発症を予測するAIシステムを特許申請

Photo by iStock

米Googleは、電子診療記録(EHR)を解析することで、将来の疾患発症を予測するAIシステムの実現に取り組んでいるようだ。これはGoogleによる特許申請情報から明らかとなったもので、診療記録を要約・自動解析し、主要疾患の発症リスクを明示することで、予防や原疾患治療に役立てられる可能性が高い。

米メディアAI in Healthcareの報道によると、このAIシステムは、日常診療記録を基に深層学習モデルを用いた疾患発症予測を行うものであるという。医療者は患者の電子カルテ上から、過去の発症疾患や病歴、検査結果等を参照できるだけでなく、将来の他疾患発症リスクを定量的に確認できるようになる。特許申請書面では「散逸した膨大な情報を効率良く集約し、適切な医療判断に結びつけるもの」としており、医師の効率的で見落としのない診療実現を目指している。

病歴が長くなるにつれて診療録は膨大となり、過去の推移を考慮した、正確な患者の病態把握は困難となることも多かった。米Fierce Healthcareは、Googleが特許申請へのコメントを差し控えていることを報じる一方、このAIシステムが、計画的なヘルスケア参入における主要サービスに据えられる可能性も指摘している。

前の記事AIヘルスケアプロダクトが医療サービスを決壊させる可能性
次の記事ドバイ政府 胸部レントゲンのスクリーニングAIを実用化
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。