ドバイ政府 胸部レントゲンのスクリーニングAIを実用化

Photo by iStock

ドバイでは、ビザ取得に際するメディカルチェックの1つとして胸部レントゲン撮影があるが、この画像読影を医師ではなくAIシステムが行うこととなる。これまで1枚の画像あたり約3分かかっていた読影を、このAIシステムは1秒で施行でき、大幅な効率化が見込まれている。

UAEメディアKhaleej Timesによると、主に感染症スクリーニングを目的としたこのAIシステムは、胸部レントゲン撮影機器に直接搭載され、画像上の異常陰影を指摘することができるという。メディカルチェックを担当するヘルスセンターのHussein Abdul Rahman AI Rand医師は「この技術の精度は98%を超えており、専門医による再検討を要するものは2%だけだ」とアルゴリズムのパフォーマンスの高さを強調する。

AI技術の予防・診断医学領域における活用と発展は著しいが、法整備の遅れなどから、AIシステムによる医師の代替は世界的にみても珍しい。Khaleej Timesは、ドバイが他のメディカルチェック(身長・体重・BMIなど)について、測定補助者なしに全自動測定で完了する機器を導入することも過去に報じており、先端技術の取り込みを積極的に行う柔軟な姿勢が垣間見える。

前の記事Google 電子カルテから将来の疾患発症を予測するAIシステムを特許申請
次の記事ヘルスケアにおいてAI技術を評価できる人材の重要性
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。