AI創薬・Exscientia社 開発プラットフォームの更なる拡充へ

Photo by iStock

2012年の発足以来、AI創薬分野で急速な発展を遂げているExscientiaは、AIアルゴリズム構築における積極的な人材補強を通し、更なるプラットフォームの改善・拡充を図っている。これまでExscentiaは、AIによる医薬品設計の自動化ではトップリーダーとして広く認識されてきた。

PR Newswireが13日報じたところによると、Exscientiaは、英Winton CapitalからAIアルゴリズム構築の責任者を迎えたほか、コンピュータサイエンス分野の専門家受け入れを積極的に進めている。データエンジニアリング部門のディレクターとなったAndrew Douglas氏は「これまでの経験を活かし、ワールドクラスの同僚達とプロジェクトに取り組めるのを楽しみにしている」と語った。

AIによる創薬は桁違いの効率性の高さ、大幅なコストカットなどを特徴とし、世界中で大きな注目を集めている。Labiotech.euの取材に対し、Exscientia・CEOのAndrew Hopkins氏は「従来の創薬にかかる時間・コストを5分の1程度に削減できる」としている。近年日本においても、DeNAが塩野義製薬・旭化成ファーマとのAI創薬に関する共同研究を開始したことが話題となった。

前の記事AIの実臨床応用が進む米ローカル病院
次の記事トランプ大統領 AI開発促進を図る大統領令に署名
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。