米スタートアップ・Deep Lensが1400万ドルを調達

Photo by iStock

病理解析のクラウドプラットフォームで知られる米スタートアップ・Deep Lensが、シリーズAラウンドとして1400万ドルを調達した。シードラウンドと併せ、総額1750万ドルの調達額となる。

米メディアVentureBeatの報道によると、Deep Lensの病理解析プラットフォームは、AIによる診断サポートがあるのみならず、解析データの保管や他ソフトウェアとの統合、臨床研究支援システムなど、統合環境として優れた機能を有しているという。Deep Lensは現在、病理医に対して同プラットフォームを無償提供しており、着実なシェアの拡大を図っている。

病理医が行う病理診断は腫瘍の良悪性判定など、治療方針決定に大きな影響を与える重要なプロセスであるが、その技量には経験の占める割合が少なくない。AIによるバックアップは、安定した診断精度の確保、人的リソースの補助に役立つことから、かねてより大きな注目が集まっていた。

前の記事AIが心臓発作リスクを見極める
次の記事医療関連スキルの拡充を進めるAmazon・Alexa
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。