ヨーロッパ医療AI学会2019

photo by iStock

ヨーロッパ医療AI学会(AIME)は1985年から開催されている国際学会で、「医療におけるAI」をテーマに最新研究知見の共有や、関連チュートリアル・ワークショップを通した学習機会の提供が行われている。

本年のAIMEは6月26-29日の4日間、ポーランドで開催される。ゲストスピーカーの一人、Anthony Chang氏は小児循環器科の医師でありながら、医療AIの推進に積極的な起業家としても知られる。同志が創業し、メディカルディレクターを務めるthe Medical Intelligence and Innovation Institute(MI3)は、小児医療でのイノベーションを画策し、Sharon Disney Lund Foundationから多額の寄付も受けた。

近年のAI技術向上に伴い、医療AI関連の学会も数多く設立されている。その質は必ずしも一様ではないが、アカデミア・企業の研究者たちに直接会い、最新知見について議論する機会が増えることは素晴らしい。AIMEは5月15日までを早期登録期間とし、20-30%程度の参加費割引も行っている。

前の記事イスラエルのスタートアップ・Aidoc 2700万ドルの追加調達
次の記事外科治療マネジメントにはスマフォアプリが有効か
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。