デンマークのスタートアップ・UNSILO AIによる医学論文評価ツールを開発

Photo by iStock

医学論文は内容の新規性と重要性はもとより、適切な形式に知見をまとめ、トピックに即した科学ジャーナルで公開することが欠かせず、一連の投稿作業は極めてテクニカルであるとともに多大な時間を要する。デンマークのスタートアップ・UNSILO社は、AIを利用した医学論文評価・投稿支援ツールを開発している。

UNSILO社の公表によると同社の論文評価ツールは、リアルタイム自然言語処理機能を備えたAIアルゴリズムを利用し、論文原稿が一般的な投稿規定に沿った構成をとっているか、追加すべき参考文献、内容に即した適切な投稿先ジャーナル・査読者などを網羅的にチェックし、著者に提案することができるという。

特に医学分野においては、価値ある研究成果は英語論文として国際的学術誌に公表し、より多くの人々に知見を共有することが求められる。一方、学術的な記述形態・構成に落とし込むことはもとより、無数とも言える投稿先候補から最適なジャーナルの選択を行うことは簡単ではない。この種のツールは医学研究者の実務を効率化する大きな助けとなり得、アカデミアをはじめとした業界からの期待も大きい。

前の記事前クリーブランドクリニックCEOはなぜGoogleに加わったのか
次の記事精索静脈瘤による男性不妊を予測するニューラルネットワーク
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。