中国 テンセント(Tencent) – 子宮頸がんの診断支援AIシステムを発表

Photo by iStock

子宮頸がんは20-40歳台の若年世代女性での罹患を特徴とする。性的接触などからヒトパピローマウイルス(HPV)が長期感染し、前がん病変から浸潤がんへ進展するとされ、検診による早期診断が重要となる。子宮頸部を観察するコルポスコピー(Colposcopy)の感度は50-70%程度で十分に高いとは言えず、精度向上が課題であった。

米メディアBloombergの報道によると、2019年5月22日、中国のテンセント社は医療用AIプラットフォームTencent Miyingでの、子宮頸がんのコルポスコピー用診断支援システムの提供開始を発表したという。中国は子宮頚がんの新規発症患者数が全世界の約20%を占め、疾患に対する負担が強い国とされ、検診の診断精度向上への期待度は高い。

子宮頸がんについては米国立衛生研究所(NIH)の画像診断AIを以前に紹介した。(過去記事)Tencent Miyingは肺・食道・大腸・乳がん、糖尿病性網膜症などでAI診断機能を実装し、強力な技術開発が進められている。日本では子宮頚がんワクチンをめぐる不安定な状況から検診とコルポスコピーの重要性が再認識されており、臨床現場へどのようにAIが定着するか興味深いところである。

前の記事Deep Learning アルゴリズムで院内心肺停止を予測
次の記事戦場の外傷患者を救うAIテクノロジー
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。