医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療系AIスタートアップ・ベンチャー企業の動向仏Kap Code「SNSで医薬品の安全を監視」- VivaTech 2019 の新興企業から

仏Kap Code「SNSで医薬品の安全を監視」- VivaTech 2019 の新興企業から

パリ開催のVivaTechは欧州最大級の技術展示イベントで、今年5月には12万4千人を集めた。大企業の傘下ブースに新興企業が展示し、人材や資金の循環と協調関係、いわゆるエコシステムをアピールする。

Medical Device Networkの記事では、Vivatech 2019出展企業のうち、SNSから医薬品の安全性を監視するDETEC’Tを開発したKap Code社を紹介している。パリ本拠の世界最大手製薬企業サノフィ Sanofiの傘下ブースで、同社は展示を行ったという。DETEC’Tのアルゴリズムは、SNSなど26のデータソースで12年間かけて追跡した2600万件のメッセージから得た、500種の医薬品に関する患者使用情報を元に構築されている。AIによる自然言語処理で患者が直面する副作用などを抽出、製薬会社に情報提供し早期解決の手助けを行う。

2011年フランスで糖尿病患者の減量薬として販売されたbenfluorex(商品名: Mediator)が、その副作用によって1000人規模の死亡者を出した事件を契機として、DETEC’Tは開発に乗り出された。現在は仏語と英語に対応し、独語とスペイン語への拡張に取り組んでいる。起業家を意味するアントレプレナー(Entrepreneur)は仏語が語源で、その精神を体現するVivaTechには今後も注目が集まるだろう。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事