脳波からADHDを診断できるのか?

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、落ち着きのなさや集中力の欠如を主体とする発達障害のひとつ。問診や症状の推移、神経心理学的検査などを組み合わせて診断を行っている。したがって、単一で診断に結びつく客観的な評価尺度はなかった。

Journal of Clinical Medicineに19日公開されたドイツからの研究では、脳波検査単独からADHDを識別する深層学習アルゴリズムを構築している。事象関連電位と呼ばれる、内的・外的刺激に応じた電気生理学的反応を測定したもので、チームのアルゴリズムでは、健常者とADHDを持つ患者とを最大83%の正確性で識別できたという。一方、ADHD患者におけるサブタイプに関しては、AIを利用して互いに識別することはできなかった。

ADHDと脳波については非常に多くの先行研究があり、疾患固有の脳波特性もいくつか指摘がされてきたが、現時点で脳波検査は他疾患を除外する目的での利用が主となっている。今回の研究成果は、深層学習アルゴリズムによって脳波からADHDを診断できる可能性を示唆するものではあるが、研究者らも論文中で述べるように「今後、信頼性の向上のためには多くの追試が必要」であることは間違いない。

前の記事中国平安 医学的判断をサポートするAIツール「AskBob」をシンガポールに提供
次の記事AIを利用したパーキンソン病の診断と評価
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。