医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例HOYAグループ PENTAX Medical - ポリープ検出のリアルタイムAI支援内視鏡システム「DISCOVERY」でEUの技術適合CEマークをクリア

HOYAグループ PENTAX Medical – ポリープ検出のリアルタイムAI支援内視鏡システム「DISCOVERY」でEUの技術適合CEマークをクリア

12月16日、HOYAグループのPENTAX MedicalがAI支援のリアルタイムポリープ検出内視鏡システム「DISCOVERY」で、CEマークをクリアしたことを発表した。EUの安全性能基準を満たした医療機器として認証されマークが表示可能となる。HOYAグループは医療用内視鏡で世界シェアの大半を占める日本の大手3社の一角であり、リアルタイムAI支援ポリープ検出で開発競争が進む(過去記事)。

PENTAX Medicalのリリースによると、DISCOVERYの今回の技術適合は、ドイツのアウクスブルクに置かれたリサーチセンターと世界の主要医療機関6カ所との緊密な協力で達成されたという。約300の臨床症例と12万を超えるファイルがAIソフトウェアのトレーニングに使用された。PENTAX Medicalの内視鏡との併用で潜在的なポリープを強調表示し、わかりやすいメニューと直感的なタッチスクリーンインターフェースが採用されている。

ポリープを早期に正確に発見し除去することは、大腸がんの罹患を低減させる。ドイツのエルランゲン大学の内視鏡・分子イメージング部門のTimo Rath教授は「DISCOVERYは内視鏡医のポリープ検出率向上と大腸がん死亡率の低下に貢献します」と語った。同システムは2020年春に市場での発売が予定されている。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事