AI導入は患者ケアの時間を大幅に増やす

GE HealthcareとMIT Technology Reviewによる医療専門職を対象とした調査に関連し、「AIの導入は医療者が患者や同僚と向き合う時間を大幅に増やす」との結果が今週公開された。

放射線科コミュニティへの専門ニュースを取り扱うAuntMinnieの報道によると、同研究グループでは、900名の医療専門職を対象とした調査を行ったという。そのうち約70%が「AIの導入を検討しているか、あるいは既に導入している」と回答しており、医療現場におけるAIへの意識が急速に高まっていることを示した。また、AIを導入済みの医療機関においては、ワークフローの効率化に貢献していること、医師の業務負担を「再調整」できたことを挙げており、結果的に医療者が患者中心のタスクや同僚との協調に時間を割けるようになったとしている。

米スクリプス研究所のEric Topol氏は過去に、「AIの発展は医師をより人間らしくさせる」と持論を展開したが(過去記事)、医療現場レベルでも既にAIの効果を実感する現状が明らかにされた。一方で、「AI導入による患者アウトカムへの影響」を適切に捉えるには長期的な評価が欠かせず、全面的な「結論」が下されるのはまだ先のことと言える。

前の記事HOYAグループ PENTAX Medical – ポリープ検出のリアルタイムAI支援内視鏡システム「DISCOVERY」でEUの技術適合CEマークをクリア
次の記事理化学研究所 – 前立腺がん病理画像から再発を高精度に予測するAI
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。